医学

「JT」 vs 「国立がんセンター」

みなさん、タバコ吸ってますか??

 

吸っている人も多いと思います。

しかし、健康への影響や増税などにより、喫煙者人口は減少傾向にあり、
タバコ産業は縮小していっているのが現状です。

 

さて、こういった状況をJT(日本たばこ産業株式会社)はどのように捉えているのでしょうか。

 

JTって??

JT(日本たばこ産業株式会社)という会社、みなさんご存知でしょうか。

JTは、タバコの販売会社で、“世界第3位のたばこ会社”なんて言われています。

そんな大きな会社であっても、タバコ産業が縮小しているのは、
会社にとって、かなりの痛手なんじゃないでしょうか…

 

タバコの身体に与える影響

タバコって、本当に身体に悪いのかな??

一般には、タバコは、「がん」や「心筋梗塞」などの疾患を引き起こす
リスクファクターであると言われています。

 

しかし、タバコが身体に良い影響を与えることもあるようです!

 

「国立がんセンター」の“タバコ”に対する見解

「国立がんセンター」とは、

がん医療と研究について取り組み、日本のがん戦略事業をリードしていく法人です。

 

 

2016年8月31日、

「国立がんセンター」は以下のような研究結果を発表しました。

・日本人を対象とした疫学研究論文から9つの論文を選択し、これらを統合して統計解析を行ったところ結果が得られた。

・たばこの煙による、受動喫煙での日本人の肺がんリスクは約1.3倍である

・日本人の非喫煙者を対象とした受動喫煙と肺がんとの関連について、科学的根拠に基づく評価を示し、受動喫煙の防止を明確な目標として提示する

 

「JT」 vs 「国立がんセンター」

これに対して、バトル勃発!!!!

 

このコメントに対し、

JTは
同じ日に、JTのホームページ上で反論コメントを発表しました。

 

・受動喫煙を受けない集団においても肺がんは発症する。

・約5万人の非喫煙女性中の受動喫煙を受けない肺がん死亡者は42人であり、受動喫煙を受けた肺がん死亡者は46人であった。

肺がん等の慢性疾患は、食生活や住環境等の様々な要因が影響することが知られており、疫学研究だけの結果をもって喫煙との因果関係を結論付けられるものではない。

今回の選択された9つの疫学研究は研究時期や条件も異なり、いずれの研究においても統計学的に有意ではない結果を統合したものである。

科学的に説得力のある形で結論付けられていないものと認識している。

(出典:JT

 

 

なかなか熱いバトルですね!!(笑)

 

まとめると、

JTのコメントは、「国立がんセンター」の研究における科学的アプローチや、統計解析の仕方に異議あり!!といったところでしょうか。

鋭いです!!が、しかし、

「国立がんセンター」も負けてはいません。

 

2016年9月18日に
「国立がんセンター」は、「JT」に対して以下のような反論を発表しました。

 

 

・メタ・アナリシス(今回では、9つの論文を統合して統計解析を行った)は、最も高い研究デザインである

・肺がん死亡者42人、46人という数値は、これらの分母の人数がそれぞれ異なるため、単純にその数値のみを比較しても意味がない。

・受動喫煙と受動喫煙を受けなかった群とでは、年齢や地域の分布が異なる可能性があるため、これらの因子を調整して比較しなければ意味がない。

(出典:国立がん研究センター

 

まとめると、

メタ・アナリシスは、信頼度が高いよ!
データの捉え方おかしいんじゃないの??

などと、主張していますね。

 

 

どちらの主張も「なるほど。」と納得するものがありますが、
このバトルを見ていると、「国立がんセンター」の意見の方がやや優位なように思えます。

 

 

個人的意見

ここのところ、統計解析における手法の強さに関しては多く議論されていますね。

いままでは、今回「国立がんセンター」が用いていた “メタ・アナリシス” が最も強いとされてきたものの、
最近、それに対して「本当なの??」といった声が多くみられるようです。

そういった懐疑的な意見に、僕も同意する部分はあります。

メタ・アナリシスに関する議論は、以下のようなものです。

メタ・アナリシスとは、出された臨床試験の論文を統合したものであるが、世界中で行われている臨床試験の内、3割しか論文化されていない。
つまり、論文化されていない(結果がいまいちだった)7割はメタ・アナリシスに反映されておらず、研究結果が過大評価されているのではないか。

といったものです。

 

たしかに、論文になって、世間の目に触れるものって、研究がうまくいって、しっかりとした結果が出たものばかりのような印象は受けますよね。

 

こういった観点から言えば、「国立がんセンター」が発信していた最後の反論に対しても、疑問符がつくところではあります。(笑)

 

データ社会

 

データの取り扱いに関しては、たくさんの議論が巻き起こっているところでもありますし、

これからの時代、リアルワールド・データがあふれるようなデータ社会となっていくことは間違いないので、難しい議論であり、課題でありますね~~

 

結局のところ、「JT」 vs 「国立がんセンター」の決着はついたのでしょうか…??

それは僕にも分かりません(笑)