宇宙

2018年 宇宙関連ニュースまとめ

もう2018年も終わりに近づいていますね。

1年、早いものです!!

 

さて、今年1年で起きた、宇宙関連のビッグニュースのみをまとめました~

 

2018年は本当にいろんなことが起こりました!

NASAの3つの新しい計画が始動したことに加え、
「スペースX」社のロケット「ファルコン」も話題になりましたね~~(*´ω`)

 

 

 

2月

火星移住計画に近づいた瞬間

2月6日、スペースX社は、新型大容量ロケットの「Falcon Heavy」のテスト飛行を行いました~

スペースXってなに??という方はこちら!!

実は、このロケット。
一度のミッションで、これまでの3倍の量の荷物を積めるみたいで、
宇宙飛行士を月や火星に運ぶために作られたそうです!!

すごいですね~~

「人類火星移住計画」に一歩近づいた瞬間と言ってもいいかもしれません(≧▽≦)

 

このロケットのテスト飛行、Tesla社の赤い車「ロードスター」を載せて宇宙を飛んでいました!!

車が宇宙を走っていた瞬間ですね!


出典:SpaceX

 

いや~それにしてもマスク氏は、PRが本当にうまい。(笑)

 

全く関係ないのですが、「Falcon Heavy」っていうロケットの名前、
なんか重そうで飛ばなさそうなイメージがするのは僕だけでしょうか…(笑)

 

参考:“SpaceX’s Falcon Heavy rocket nails its maiden test flight” 

 

 

4月

NASA、「TESS」を打ち上げる

4月18日、NASAが衛星である「TESS」を スペースX社のファルコン9に乗っけて
打ち上げました~~

 

「TESS」は“Transiting Exoplanet Survey Satellite”の略で、

「トランジット系外惑星探索衛星」と言います!

ようするに、宇宙望遠鏡というやつです!!


出典:NASA

 

衛星ですから、地球の周りをまわりながら、
太陽系の近くに存在している惑星を探し出す!!
という役割を担っているんですよ~

 

地球外生命体が生息している惑星が見つかるかもしれませんね。(*´ω`)

 

5月

132億8千年前に酸素があった!!

地球から132.8億光年先にある銀河で酸素を見つけたと、発表されました~~

「光年」ってなんやねん。という人はこちらを参照!

 

酸素が見つかった銀河の中では、距離的に最も遠い発見となった今回の発表。

今回の発見によって、宇宙の誕生初期に銀河がどのように作られていったのかが、
分かるようになる!
とのことです。

宇宙の初期のなぞ解明へ一歩前進ですね!!(*´ω`)

 

参考:Science Portal “132億8千年前に酸素があった 宇宙の初期の謎解明へ一歩”

6月

金井さん、帰還!!

国際宇宙ステーションの滞在から、宇宙飛行士の金井宣茂さんが地球に帰ってきました~~

おかえりなさい!!(≧▽≦)

宇宙には5か月半、滞在したそうです!!

そんな金井さん。地球に帰って来てから名言が飛び出しました。

「宇宙は割とふつう。」

いや、普通なんかい!!( ゚Д゚)(笑)


出典:朝日新聞デジタル

 

参考:「宇宙はわりとふつう」 6月帰還の金井さん語る

 

土星の衛星に生命がいるかも!?

土星の衛星「エンケラドゥス」に生命がいる可能性がある
といった論文が発表されました。

氷の惑星として知られている「エンケラドゥス」ですが、
ここで、分子の炭素構造が発見されたようです~


出典:Space.com

 

これが生命が存在する可能性の手掛かりとなる模様。

果たして生命は存在するのでしょうか…?

 

参考:“Saturn’s moon Enceladus is now the likeliest place to find alien life”

7月

火星に湖が!

 

7月に発表された論文では、

火星の地下には、巨大な湖が存在する!

とありました。

しかし、生命がいる可能性については、まだわかっていないようです~

 


出典:Science News

 

参考:A lake on Mars? Discovery of liquid water below planet’s surface stokes hopes of finding life

8月

太陽にタッチ!!

8月12日、NASAは太陽に触る探査機「Parker Solar Probe」を
打ち上げました!!

太陽に触ろう!!
という試みは初めてのようです
出典:NASA
(ちなみに、これはイメージ図です。)

 

もし、この計画が成功した暁には、
・コロナの極度な高温の理由
・太陽風の解明
・太陽から光の半分以上の速度で飛び出るエネルギー粒子の原動力の解明

ができると言われています!!

 

ついに、人類は太陽にまで手を伸ばそうしています…!( ゚Д゚)

 

参考:NASA’s Parker Solar Probe launches on historic mission to “touch the sun”.

 

月面に氷!?

月の深層に水が存在することは、今までわかっていました。

しかし、今回は、月面に氷があるぞ!!
といったニュースが8月20、アナウンスされました~~

 

この氷は、飲み水だけではなく、ロケットの燃料や呼吸用の酸素にも使える
とのことで、多くの可能性が秘められていそうですね!!

 


出典:NASA

どうやら、この写真の暗くなっているところに氷があるっぽいです~(笑)

 

10月

前澤さん、宇宙旅行の予約!

さあ、お待ちかね。前澤さんニュースです!
ご存知の方も多いでしょう。

 

10月にSpaceX社のCEOであるイーロン・マスクが会見を行いました。

2023年に行う大型ロケットBFRによる世界初の月を周回する宇宙旅行の乗客として、
ZOZOのCEO、前澤友作氏と契約したことを発表しました~~(*´ω`)


出典:Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN

前澤さん、なかなか大胆なことやりましたね~~!

同じ日本人として、こういったニュースが流れるのは、とても嬉しいです~!

 

SpaceX社は、国際宇宙ステーションへの有人実証飛行を2019年に予定しており、
これが成功するかどうかが、かなり大きな見どころとなりそうです!!(≧▽≦)

いや~、それにしてもイーロン・マスクは本当にすごいわ。(笑)

11月

「インサイト」が火星に着陸

NASAの探査機「インサイト」が火星に着陸しました!!

火星の地表を解析することが、この探査機のミッションです。(*´ω`)

出典:火星着陸に成功。NASAの探査機「インサイト」

 

不気味な天体「オウムアムア」の正体とは??

去年、史上初の恒星間天体として観測された「オウムアムア」は
太陽系外からやってきた長さが400メートル以上ある細長い葉巻型の物体だ。

この物体が太陽から遠ざかっていく際に、あまり減速していなかったことで、
「異星人の探査機なのでは!?」と話題になった。

しかし、この物体、11月に“小さな彗星”のようなものだったと結論付けられた!

残念~~( ;∀;)


提供:European Southern Observatory / M. Kornmesser

参考:“Interstellar Object ‘Oumuamua Is Probably a Small, Surprisingly Shiny Comet”

 

12月

NASAの探査機が小惑星「ベンヌ」に到着

12月3日にNASAの探査機「OSIRIS-REx」が小惑星「ベンヌ」に到着しました~~

ベンヌは地球から約1億2000万kmの位置にあって、NASAによると、小惑星「ベンヌ」には
“水の成分”(OH分子)が存在するらしいです!!

この小惑星の地表の欠片を持ち帰って解析したら、また一歩、宇宙のなぞ解明に近づくかもしれません(≧▽≦)

出典:NASA

2023年には地球に戻ってくるそうですよ!

 

「ボイジャー2号」が太陽圏を突破!!

こちらもなかなかのビックニュース!!

1977年にNASAが打ち上げた探査機「ボイジャー2号」が太陽圏を抜けて、星間空間に到達しました!

この探査機、地球から2番目に遠い位置にある人工物なんですよ!

詳しくはこちらで解説してます~

 

 

まとめ

今年1年、さまざまなビッグニュースがありました!

宇宙旅行に向けて、飛躍した1年と言えるでしょう~!

 

2019年も宇宙業界が盛り上がる1年となって欲しいと願うばかりです。(*´ω`)

来年度も本ブログを宜しくお願い致します~~!!